<< コーラスって。 | main | ナーシングビジネス8に載ることになりました! >>

父との思い出

0
    父は本を読むのが好きで、
    片っぱしから読んでいたようです。

    養鶏場が体の都合でできなくなって、銀座のビルの警備員を
    泊りがけでするようになると、
    開いている時間はすべて読書に。

    小さいころ、父は歩くリーダースダイジェストと呼ばれ
    物知りでした。新聞は7紙取り寄せ、
    いつも情報が偏らないようにしている。

    とても養鶏場に新聞7紙が必要とは思えないのですが。
    人には親切。正直すぎるほどの正直。

    そういう父を見ていると、当時は誇らしいというより
    馬鹿らしいと思っていました。

    ところが30年たってみると、父の言っていたことは
    現実のものとなりました。食料自給率を政府が心配する時代。

    先見の明があったのは父の方です。
    80才で他界しました。

    ちょうど、ピータードラッカーと同じ年齢なので
    今だったら、いろいろ知恵を聞くことができたのに。
    と思い出しています。
    hasemasako * 家族の話 * 14:47 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ