<< 感動のセミナー | main | 感動で痺れる会社の”社内セミナー” >>

伝統と誇りと情熱と。

0

     録画しておいた眞中シェフの
     NHKの番組「キッチンが走る!」見せて頂きました。
    http://www.nhk.or.jp/kitchen-wagon/archives/index_archives130524.html

     再放送:土曜日 午前10時05分〜(関東甲信越)
     再放送 火曜日 午後 3時15分〜(全国)

     ******


     眞中シェフのコックコート!
     素晴らしい〜!!!

     微妙な色使い。
     繊細なタッチ。
     そして、袖に記された文字。


     ********


     これ、実は眞中シェフからのご依頼で、株式会社アヲタの青田哲さんが
     プロデュースしたものです。


     純白のコックコートはフランス製。
     眞中シェフの大好きな画家さんのデッサンを基に、
     数百色の中から選んだ24色。

     
     これを刺繍の専門家に依頼し、通常では考えられない高い技術を駆使して
     何度もミシンを止め、色を変え、心を込めて表現して頂きました。

     世界でたった一枚。
     シェフの自信と誇りと情熱を表した一着です!

     ******* 

     

     素材を生かす。料理の醍醐味。
     太陽の元、木々の緑の中で作るシェフの笑顔。


     それから一つ気が付いたのです。
     飛騨ほうれん草の緑、あずき菜の緑、えごまの黒、飛騨牛のピンク

     
     あの刺繍には緑があまりなかったと。
     それはお料理に緑がふんだんに入っていて、
     それを生かす為ではなかったか。っと。

     
      生かすということは
     自分が引くという事でもあるのかと。

     
      *****

     
      春の訪れです。
     乗鞍岳の雪解け。

     
      乗鞍に雪がある。
     雪解けのあずき菜。雪解けの春。

     
      春が麓(ふもと)にやってきた。
     景色が料理から伝わってくるって凄いな。
     (飛騨ほうれん草を育てる農家の奥さん)

     
      食べる皆さんが、美味しい!凄い!これを言っていただけるのが
     僕は一番幸せ。(飛騨牛ナンバーワン畜産家)
     明日からの励みになります。

     
      美味しい水とか、美味しい空気で
     こういう美味しい物ができるんだなって。
     飛騨に来て良かったなって思った。(東京から嫁に来たあずき菜をつむ主婦)

     
      土地の豊かさとか
     みなさんの生活というのを最初にお話を伺って見せて頂いたので
     すごく、素材が土地とピタッと合って、
     「なんでこれがあるのか」、「なんで食べ継がれてきたのか。」
     というのが凄くよくわかって、凄く豊かな気持ちになれました。
     (眞中シェフ)

     
      みなさんの、「伝統」と「誇り」と「情熱」。
     これがあって、みなさんが幸せになる。(番組MC杉浦太陽さん)

     
      牛がもたらしてくれる幸せ、故郷(ふるさと)の恵みに感謝し
     食べる事の幸せを噛みしめる人々と出会った飛騨高山の旅でした。

     
       *****

     
      えごまのお婆ちゃんが、目をつぶって「美味しい!」と言った時の
     眞中シェフのお婆ちゃんを見つめる表情が実に嬉しそう。

     
      眞中シェフは
     普通の人に普通に喜んでもらえる食事を作り続けたい。
     って思っていらっしゃるのではないかな。

     
      そんな感じを受けました。

     
     
      素材にどんな思いが込められているのかを、
     素材が、何を訴えようとしているのかを捉えながら
     その声に応えていく。

     
      料理人とはそういうものなのかとも。

     
      眞中シェフは自分が素晴らしい料理を作るとか。
     自分が前面に出るとか。
     全然考えていないように思いました。

     
      ただ、えごまのお婆ちゃんが、人生最高の味に出会ったような。
     「美味しい!」を求め続けているのではないかと。

     
      伝統と誇りと情熱
     素材にも、シェフのあり方にも表れている。

     
      コックコートに秘められていたもの

     
      それは伝統。誇り。情熱?
     愛。喜び。感謝?

     
      眞中シェフに伺ってみたいなと
     思いました。

     
      ありがとうございました。

    hasemasako * 気づいた事 * 11:18 * comments(0) * - * - -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ