<< 負けず嫌い | main | 涙の遺産相続 >>

藁人形と五寸釘

0
     むかしむかしの事。

     とても兄が憎かった。成績はクラスで一番。スポーツは万能。
     すべていいものは持って行った。性格以外は。

     毎日のように妹の私を「デブ・ブス・ドジ・マヌケ・・真ッ子。」
     と馬鹿にしていた。

     ある日のこと。当時養鶏場をしていたので藁小屋があった。
     その藁小屋で遊んでいると、ひょんなことに人形が出来た。

     ???これって。藁人形だぁ。そうだ。これに
     五寸釘を打てば・・。

     おとうちゃん。五寸釘ない? 五寸釘はないけど四寸釘ならある。
     四寸釘で効くのかなぁ?と言いながら藁人形をかざした。

     すると、近くにいた兄が騒ぎ出した。
     おかあちゃーん。真子がオレを呪おうとしている!

     バカ。お前なにやってんの?そんな事したら自分が呪われるんだよ!
     え?そうなの?じゃ止めた。だって憎かったんだもん。

     四寸釘じゃ。効かないかもね。それに丑三時なの?起きられないし。
     怖いから。いいや。

     
    hasemasako * 兄弟とは * 06:48 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ