<< 幸せの連鎖。 | main | 第五水準の経営者 >>

コーチングティーチャー誕生!

0
    去年の12月21日。
    次男の高校に行ってきました。

    担任の先生から、次男の成績が悪いので
    2年に上がれない可能性が高いと聞かされました。

    数学Aと数学1と英語が落第点。

    「お母さん。この次、お呼びするときは
     留年のお話になります。」

    えーーー!!!
    そこまで悪いのですかぁ?

    家に帰ってきて考えました。
    何か手はないかと。

    そして、以前ポパイセミナーにい参加していた彼の事を
    思い出しました。

    確か数学を教える天才だったと。

    22日の夜9時に電話して、
    事情を話したところ、すぐに対応してくれることに。

    23日の祭日の予定をキャンセルし、家に来てくれました。
    そして、食事を挟んで7時間を超える勉強。

    担任の先生が「お宅のお子さんは15分しか持ちません。
    眠ってしまうのです。」という話だったのですが。

    入っていくと、ものすごい集中力でした。
    お茶を持って入っても、存在にも気付かない様子。

    後で聞くと。
    今日は0〜100まで教えています。
    学校でやったことは入っていないようだったので
    最初からやりました。

    えーー!!!そんなことできるのですか?

    教えてくれる彼の性格は優しく、
    息子を受けとめながら、集中力を上げていきます。


    「眠くなるのは興味がなくなるから。」
    「教え方が悪い。」
    完全に息子の味方です。


    そして一日が終わると、息子はかなりのところを理解した様子。
    翌日のテストでは51点満点の43点を取りました。

    快挙!たった一日です。

    「どうせならトップ狙いたいんです。」
    先生は(彼を先生と呼ぶことに)言いました。


    24日。2学期の課題をクリアしたと聞いて涙が出ました。
    あの子ができるなんて考えられない。
    感謝の気持ちでいっぱいになりました。

    本人は自信がついたようで、少し誇らしげです。
    表情も明るくなりました。



    人の可能性とは計り知れない。

    彼の、一方的ではなく相手を見て、
    コミュニケーションしながら教える姿は
    コーチングだと思いました。

    相手の可能性を引き出す!
    相手の味方になる。


    コーチングティーチャー。
    誕生です!

    hasemasako * 家族の話 * 21:25 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ