爽やかなテニス

0
    一昨日まで風邪だったのに、
    昨日はどうしても行きたくて、近くのテニスコートに。

    9時過ぎに到着したら、4人目という事で、すぐに試合となった。
    栄区でナンバーワンと言われた上手な相手との試合は至福の時間だった。

    負けてしまっていても、幾つも納得できるショットが出て、大満足。
    ガットを張り替えたばかりで調子も良かったのですが、
    いつもだと、相手が強いから負ける。相手が・相手が・と考えては委縮していました。

    心の中は、テニスができる事に感謝。ガットもいいし、調子もいい。
    相手のショットの中でも、返せるものが幾つもあって、だんだん気持ちよくなってきた。

    私はずいぶん長い間、自分とテニスをしていた。
    相手を見る余裕すらなかった。

    でも、そんな気持ちでプレーをすると、楽しい!
    やっと、テニスの楽しさが分かって来たのか。

    結局1ゲームだけ取れて、すぐに同じメンバーでプレイ。
    やはり1ゲームだけ取れて、1−6で負けました。

    でも、ちっとも嫌じゃなかった。
    かつては自滅して、悔し涙を流したのに。

    3試合目は強い方にフォローして頂いて、6−2で勝利。
    自分がどんなプレイをしているのかを自分で意識しながら
    するテニスは格別でした。

    たかがテニス。されどテニスです。
    スポーツの中に自分を見るのもいいですね。
    hasemasako * テニスの話 * 11:36 * comments(0) * - * - -

    読みかえすブログ

    0

       以前のブログを読み返していた。

      読みかえすブログ。


      そこには子供たちの成長と、ものの考え方の変化が綴られていた。

      自分では、一生懸命もがいていたような日々。

      楽しい事も多かったようだ。


       人は忘れる。

       本当に大事な事は

       何もない。

       普通の日々にあるのかもしれない。


      何か前進していない。

      成果は何か。

      いつも、自分を責めていた。


      今は、今を生きてきたんだなと。

      いいも悪いもない。

      事実現実。大切にしていこうと思う。


      hasemasako * 気づいた事 * 06:58 * comments(0) * - * - -

      国際コーチ連盟(ICF)のACC取得しました!

      0
        先日、国際コーチ連盟(ICF)のACC認定を
        取得できました!

        これはコーチの倫理規定を理解し、
        認定を受けたコーチング教育機関で学び、
        100時間以上のコーチング実績を持ち、といった
        さまざまな条件をクリアしたうえで、試験に臨むものです。

        改めて、コーチングの記録を調べましたら、
        有料コーチングで1600時間を超えておりました。

        ACCは基本の資格で100時間以上の経験が必要。
        PCCはその上になり750時間以上の経験が必要。
        MCCは更にその上2,500時間以上の経験が必要。

        正直自分のコーチングには自信を持ってしておりました。ですが、
        改めてCCC(コアコンピテンシーキャンプ)プログラムで
        倫理規定を学びなおし、コーチも新たに専用にお願いし、試験に臨みました。

        傲慢な自分をへし折られる事もしばしば。
        でも、そうだからこそ、進化できるのだと思いました。

        ありがとうございました。

        ACCの画像はfacebookに。





         
        hasemasako * コーチの話 * 10:06 * comments(0) * - * - -

        いつのまにか・・。

        0

           来週の日曜日が母の日。

          昨日は次男からの映画のプレゼントで

          一足早い母の日でした。

          「アナと雪の女王」を109シネマズMM横浜にて

          レイトショーをエグゼクティブシートで二人で観ました。

          すっごく感動し、大満足。

          「いいねぇ。良かったねぇ」を連発していました。

          映画の前の夕飯もご馳走してくれて、

          本当に嬉しい日。

          一生の間でも、そうはない日となりました。


          *****

          長男からは、丁度欲しかった帽子を先に購入。

          写真に撮って、「これ欲しいんだよね。」

          「出してくれない?」とメールで明確に要求する

          ブラックな母。


          家に帰って来ると、「いいよ。お釣りはいらない。」

          と快く払ってくれた。


          ほら、似合うでしょう。いいでしょう。

          と嬉しそうにはしゃぐ。

          こっちの方が、子供になってしまった。


          *****

          言う事きかないので、胸ぐら掴んで、すごんだ事や

          迷惑かけた相手に、一緒に誤行った事とか、

          それなりに手を掛けたことも思い出しながら、

          育ってしまったんだなぁと思う。


          *****

          今日は子供の日。

          夫が泊まり勤務を終えて、お昼に帰って来る。


          子供の日だからケーキを買って帰ると言った。

          そう?と何も考えずに駅まで迎えに行き、

          ケーキ屋さんのショーケースを見ながらふと思った。


          「うち。子供いないよ!」

          「もう、成人したじゃない。」


          気がつかなかった。

          そういえば、兜も飾っていないし、

          鯉のぼりはとっくに上げていない。


          ずーっと、子供だと思っていた。

          そうか。もう大人なんだ!!!


          hasemasako * 気づいた事 * 16:38 * comments(0) * - * - -

          家庭とは。

          0
             昨日、ある講演会に参加するはずだった。
            バイクに乗り、出かけると雨になった。

            急きょ戻り、車に乗り換え、現地に行く。
            開始時間を2分過ぎて、現地に到着。

            しかし、駐車場は高さ制限150僉
            フリードの高さが幾つか分からない。

            仕様書が出てこない。
            スマホで調べても、どこに書いてあるかわからない。

            ディーラーに電話して聞くと
            169僉ダメだ!

            近くのスーパーに入れるか?
            また、買い物すれば駐車料は安くなる。
            駐車料をケチってどうする?

            そもそも、行きたいのか?
            そこまでして、行きたいのか?

            私が求められているのはどっちだ?
            私はココに必要なのか?

            余裕を持って来ればいいものを。
            最後まで、クリームシチューを作ったりしてた。

            約束したから、出かける。
            出かけるのが習慣のようになっていた。

            義父が入院して、うるさく言う人はいなくなった。
            ある種、自由だ!

            しかし、私が家庭にいる意味はなんだ?
            義母は安心する。大きくなった息子も楽しげだ。と想像する。

            今日は、帰ろう!
            そうだ、駅まで次男を迎えに行って。

            家に帰ると、嬉しそうな義母が待っていた。
            温かなシチューを食べながら、
            お気に入りのビールを開けた。

            すると、飲み会のはずの夫も早々に帰り、
            長男も早く帰宅した。

            長男の仕事ぶりを聞きながら、
            何だかとても満足しながら時間を過ごした。

            普通の一日。
            それが、一番幸せな一日かもしれない。


            家庭とは・・・。



            hasemasako * 気づいた事 * 06:45 * comments(0) * - * - -
            このページの先頭へ