嬉しい日

0
     何が嬉しいかって?

     今日はクライアントさんの会社に見学に行く日でした。
     ところが、そこの近くは私が昔住んでいたところや親せきがいたところ。
     逆にいくつか案内していただいたのです。

     西新井大師は七五三をしたところ。
     21日の縁日には植木を買うのが好きだった。
     門前の前の懐かしい店。

     トウガラシせんべいが美味しい「浅香屋」だったかな?
     その店を眺めたら、涙出てきました。
     
     そこで一番辛い100円のおせんべいを買いました。
     一枚なんて一人で食べられないほど辛いですけど。

     その近くに「かどや」という甘味処があります。
     そこの「今川焼」は特に美味しく、お土産に買ったのですが
     
     焼いているおばあさんが、待っている私に
     別に一個出してくれて、しかもすぐにお茶をお孫さんかな?
     持ってきてくれました。

     なんだかめちゃくちゃ懐かしくて、ありがたくって。

     クライアントさんの会社について案内していただいて
     社員さんともお話して笑顔で迎えてくれました。
     仕事の邪魔しちゃったかな?

     それから帰りに、祖父のお墓が近くで、
     寄って頂いたのです。

     10年ぶりくらいでしょうか。
     大きなお墓に手を合わせると、
     祖父に呼ばれてきたような感覚がありました。

     本当にありがたいツアー。
     仕事で来たはずが、一番喜んでいるのは私でした。

     良かったぁ。
     本当にありがとうございました。
     
    hasemasako * 行って来た事 * 01:13 * - * - * - -

    桜色のお茶会

    0
      去年22年ぶりで始めた表千家のお茶。
      今日は根岸の三渓苑でお茶会でした。

      着物は桜色の色無地。黒地の帯にグレーの帯上げと帯締め。
      うーん。なかなかじゃ。

      お茶会は大賑わいでしたが時間切れで
      お点前までは回ってきませんでした。残念。

      でも大満足。
      苑内の桜を眺めながら、

      ほんと。
      日本人に生まれて良かったぁ〜。
      hasemasako * 行って来た事 * 20:48 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      五風十雨農場見学ツアーに参加して

      0

         先日、異業種交流会の研修で山梨の自給自足のレストラン「こふく亭」
         と他見学ツアーに行ってきました。

         9/12〜13中央線韮崎駅〜レストラン「こふく亭」〜サントリー工場見学
         〜8億円町営銭湯〜ペンション「カサデモンテ」泊
         開拓者ポール・ラッシュゆかりの地〜平山郁夫シルクロード美術館
         〜小淵沢駅〜新宿

         *********

         五風十雨農場から作られる無農薬の美味しいお米や新鮮な野菜たちが、
         自給自足のしあわせレストラン「こふく亭」に運ばれ、

         志熱き料理人たちによって調理された、心のこもったお料理。
         白いまあるいお皿に色とりどりに、しかも私を見てみてと言うように

         それぞれの味を誇り高く盛りつけられている一品。
         どれもこれも美味しく、俗っぽい味などしない。

         何度、「美味しい〜。」とため息混じりに叫んだ事か。
         

         「こふく亭」のこだわりの木(開墾時の木を3年寝かせて使用した)
         の香りがいっぱいです。
         窓からはコスモスやら秋の花々が咲いて、空気が美味しい。


         なんでしょうこの空間は。
         なんでしょうこの安らぎは。


         美味しくて嬉しくてありがたくて。
         帰りにはお茶や玄米や採れたての野菜を買い求め。
         めちゃくちゃ満足でした。

        ***

         お宿は「カサデモンテ」ペンションです。

         ここがまたお料理は美味しいし、
         手造りと無添加にこだわった、アレルギーのお子さんもOKのお宿。

         こふく亭の経営者、向山さんのご紹介がなければ、
         こんな出会いはないのでは?

         育てたハーブでアレンジされる食材にや森の山栗の入った栗ご飯。
         キュウリがたくさん採れると、美味しい漬物に。
         
         それをつまみにワインは17:30から飲み始め、白にロゼに赤
         予定より30分も早く、お料理を出して下さる。(我々のみだった)

         自家製の生ハム。絶品です。
         サラダも美味しいし、お魚のソテーのソースも、お肉もハーブの香りが。
         フルコースの上に、また美味しいワインを何本も開け、日本酒も。

         翌日出されたソーセージも自家製ローズマリーの香りで、アツアツを。
         パンはなんと前日から8時間かけてつくった自家製パン。
         しかも酵母はトマトから作った酵母。そこまでやるかと思うくらい感動。

         味も素晴らしく、モチモチとした食感と香り。
         器もブルーを基調とした格調高いものでした。

         もてなしもここまで来ると、感激!です。
         素晴らしかったです。

         ***

         参加者は東京から経営者6名。案内をしてくれた山梨の農場経営者
         が1名。合計7名のツアーでした。


         夜は、飲みながら一人ひとりが色々と思いを語って行きました。

         今までは講演者を呼び、お話を伺って飲み会やって終わり。
         一方通行という感じだったのです。

         それが今回合宿という事もあり、自分の思いを語り、相手を感じながら
         どうしたらよくなるかを一緒に考える場が出来ていました。

         どうしたらその方の事業がよりうまくいくか。
         自分のことで頭がいっぱいになりやすいところを、
         質問したり、承認したり、提案したり、シェアしながら

         うまくやるにはどうしたらいいかを全員で考えていました。
         本音を話すからこそ起こる醸成された場です。


         一人ひとりの思いが全員に伝わりつつ、シェアしつつ、
         建設的な話で終わる。
         めちゃくちゃ感動していました。

         食事(外はどしゃぶりですが)
         木のぬくもりに包まれながらの語らい。
         一生に何度あるか分からないほどお貴重な経験でした。

         
         ありがとうございました。

         **************

         こふく亭は雑誌の取材もかなり来ている所です。
         自給自足。電気はソーラーで。
         水は雨水を集め。車はてんぷら油で走るように改造。
         切った木はこふく亭に使われています。

         以下、レストランと泊ったところの情報です。

        ★五風十雨農場内
        しあわせレストラン 「こふく亭」2日前迄に予約
         http://5fu-10u.com/kohuku/kohukutei.html
        〒408-0313 山梨県北杜市白州町横手5128
         Tel&Fax:090−8878−1611 
        E-mail:k-mukouyama@white.plala.or.jp

        ★カサデモンテ白州 電話予約のみ受付
        http://www5.ocn.ne.jp/~cdmh/eat0.htm
        電話番号:0551−35−2303


         ありがとうございました。
        hasemasako * 行って来た事 * 08:57 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        中華街レポート

        0
          今日は次男の高校入試の合格発表の日でした。
          合格ーー!
          良かったね。

          先日の長男の成人式のお祝いと、
          次男の合格祝いと、
          私の誕生日祝い?

          3ついっぺんに今日が食事会でした。
          夕方から出かけて、車で25分。中華街へ。

           お店は 新福記 
           広東家郷料理
           横浜市中区山下町139-1
           045-212-0386 
           http://r.gnavi.co.jp/sinfuki/

           ここの10,800円が4900円になる「感謝の気持ち」コース
           にしたのですが、(税、サービス料込み)
           味がいい。素材がきちんとしている。

           写真の通りで、全部がふかひれ入りでした。
           前菜から杏仁豆腐まで、ふかひれ入りです。

           美味しい〜。
           特に黒米のお粥は絶品。最後の方に出るので
           お腹を取っておく必要があります。

           持ち帰りはできないそうなので、するならタッパで
           勝手に持ち帰るしかありません。
           →それほどたっぷりと出ました。

           定員さんは中国人で愛想はよくありませんが、
           味は本格的でした。大満足。

           小さな店で凄く雰囲気が良かった。
           家庭で御馳走になった。という感じです。

          コラーゲンがたっぷり補給されました。
          明日が楽しみです。

          内容の割にめちゃくちゃ安い。
          奥様にプレゼントされてみては?

          hasemasako * 行って来た事 * 22:02 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          地球の将来

          0
            今日は高木善之さんの講演を聞いてきました。
            異業種交流会の公開講座でした。

            衝撃でした。
            日本人が一日3000万人分の食べ物を廃棄している事。
            一日の餓死数が世界で5万人。

            十分に賄える食を日本人が食べている。

            世界の常識は日本の非常識。
            日本の常識は世界の非常識。

            あまりに知らされていない現状に唖然。

            2020年。食の輸入はできなくなる。たった12年しかない。
            食料自給率27%、エネルギー自給率4%

            講演はスライドを使っているのですが、
            最後に見せられたのが餓死していく子供の写真。

            怒りをこらえながら、涙を浮かべながら語る
            高木善之さん。


            講演が終わると、大抵どこかへ食事に(飲みに)
            寄って帰るのですが、どこにも寄らずに帰りました。

            私は食いしん坊で、食を抜くことがありません。
            手術の後も、食べさせてくれとごねたことか。

            でも、今日は食べないで帰りました。
            あめを一個口に入れて、帰りました。

            近い将来。地球が戻れないほどダメージを食らう。

            たとえ、明日地球がダメになっても、最後まで
            あきらめずに植林をしていく。

            子供たちに地球を残してやりたいから。
            100年後に灼熱地獄になったとしても、私は生きていない。

            困るのは次の世代。
            子供たちに残さなければならない。

            高木善之さんの痩せた体が印象的でした。
            食べるならご飯。食料自給率を上げる。日本のために。
            hasemasako * 行って来た事 * 00:34 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            生きること。

            0
              先月7月14日に入院し、16日に手術。
              24日に退院してきました。

              病名は卵巣腫瘍。
              切除したわけですが、卵巣は開けてみないと
              良性か悪性かの判断がつかないそうです。

              予定手術時間は3時間から7時間。
              卵巣にガンがあるかないかで違ってきます。

              2月に腹痛の激痛を経験して救急車で入院。
              4日で退院したものの、精密検査を受けることに。

              MRIの検査結果から卵巣腫瘍と診断されました。
              手術は最低二ヶ月待ちでした。

              その二ヶ月あまりを思いっきり楽しみ、仕事もして
              充実した時間を過ごしました。

              今回の手術は良性だったので、2時間28分という記録的な速さ。
              術後、通常観察室(ナースセンターに近い部屋)に行くのですが、
              その日のうちに元の病室(4人部屋)に戻りました。

              メールはベットから打つことができたので、
              手術直前まで、お世話になった方々への感謝のメールを打ち、
              術後部屋に戻ると、その返信を涙しながら読む。

              どれほど、励まされたか分かりません。
              社長さんや友人からのメール。

              ありがたかった。

              手術をしてくださった先生や面倒を見てくださった看護士さん。
              同じ病室のルームメイト?などいろんな出会いもありました。

              家族にもたくさん面倒をかけちゃったけど、
              今日から完全復活です!


              頂いた命は大切に。
              それでも、生かさなきゃぁ。もったいない。

              方々で話しておりましたので、心配をおかけしました。
              話しながら不安を吹き飛ばしておりました。


              皆様のお陰です。
              ありがとうございました。
              hasemasako * 行って来た事 * 10:35 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

              感動の大学病院

              0
                横浜市立大学付属病院に行ってきました。
                そこは巨大な総合病院でした。

                初診の受付を天井の高いホールで受けると
                カルテをもらうところへ移動。

                カルテはひとり一人ファイルになっていてしかも
                ボタンで留めてあり、落としても中身は出ない。

                ニッコリ相手の目を見てから会釈をして
                受付をする姿に驚きました。

                婦人科へ行ったのですが、
                また先生が柔らかい雰囲気で患者を受け入れます。

                事情をゆっくりと手早く聞いていきます。
                大切に扱われているのをじっくり感じることができました。

                説明もわかりやすく、サインの入った複写式の診療内容説明書
                に記録を残す。

                そういう真摯な態度にすっかり惚れこんでしまいました。
                レントゲン技師の方も私は○○です。どうぞよろしくと
                挨拶してから始まります。

                看護婦さんも、採決の方も、事務の方も、
                皆親切でした。

                病院へ行くときは何かしら不安やいやな気持で行くものですが、
                むしろ温かい気持ちになって帰ってきました。

                深く深く信頼しましたし、
                ありがたいなと思いました。

                いつもは文句姉ちゃんの私ですが、「ありがとうございます!」を
                何度言ったか分かりません。

                感動の大学病院でした。



                hasemasako * 行って来た事 * 16:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                久しぶりの入院体験

                0
                  25日の午後3時30分。
                  急激な腹痛で動けず、2階から転げ落ちるようにして

                  同居の爺様に助けを求めました。
                  病院に連絡していくつもりがそこでダウン

                  結局救急車に家の中から運んでもらいました。
                  救急車は病院が決まらないと出発しない。

                  総合病院を断られ、
                  先ほど連絡した個人病院で了解をとり
                  搬送してもらいました。

                  爺様とは日頃喧嘩ばかりして
                  面倒見てあげないんだからと思っていましたが、

                  私のほうが面倒見てもらい、
                  しかも「真子もうすぐ着くからな。がんばれ。」
                  と励ましてくれました。

                  結局、子宮内膜症と診断され、
                  痛み止めや抗生物質を点滴受けて
                  4日間で退院しました。

                  産院なので、バストイレ付の個室で電話も
                  ついています。テレビも液晶。
                  いたれりつくせりで、食事も美味しく。

                  こんな待遇何年ぶり。何十年ぶりです。
                  痛みが引くと、本を読み線を引きながら勉強。

                  クライアントさんに電話でお詫びしながら
                  今読んだ本のいいところを話したりしました。

                  帰ってからは、爺様にお礼を言いました。
                  「お父さんのおかげで命拾いしました。」

                  それから10日ほど過ぎましたが、大きな喧嘩もせずに
                  過ごしています。

                  同居はみんな嫌がるけど、
                  私も辛い事もあるけど、
                  苦しい時に助けてもらうのは
                  本当にありがたいと思いました。

                  さぁ。みなさん。
                  同居をお勧めしますよ。
                  年間120万円は節約できます!
                  すごいでしょう?
                  hasemasako * 行って来た事 * 20:59 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  ハコミセラピー

                  0
                    この言葉を知ったのは一週間前。
                    直江津から来ているコーチ仲間からだった。

                    今日受けてきました。

                    ハコミセラピーとは意識の奥底に眠る無意識の世界を
                    自分の意識を下げることで、呼び出してくる手法と理解。

                    意識している時には周囲に対する配慮やこうあってはいけない。
                    こうすべだという考えが前面に出る。

                    そこを外すと・・。

                    セラピー自体はアメリカから来ているもので、自己表現が
                    元々出来ている人たちを対象にしたものが有名なのだそうで、

                    このハコミセラピーは意識を下げて無意識に迫るので、表現力の
                    弱い日本人にはピッタリな手法のセラピー。

                    今日やったのは2つのワーク
                    一つは二人一組の手の平を使ったワークで、ここで心から欲しかった
                    言葉に出会いました。

                    ふと浮かんだ「支えてあげるよ」という優しいフレーズ。
                    パートナーの人に言ってもらったら、スーッと私の中に言葉が入り、

                    泣いたのなんのって。素直に涙が出ました。嬉しかったぁ。
                    ずっと前から欲しかったのです。

                    もう一つは過去に呼ばれていた好みの名前を、好みの大きさ角度雰囲気
                    などで語りかけてもらうもので、そのシーンが次々に思い浮かべられると暖かく懐かしい。

                    三丁目の夕日の世界に浸るようなワークでした。

                    他にもありましたが、まったりとした時間がすぎ、
                    終わると温泉に浸かった時のような心地よさが全身を包みました。

                    過去のシーンを味わい。愛しむ。
                    それがいかに自分を大事にするかが分かりました。

                    ハコミセラピー
                    どこかでやっているとしたら、是非お勧めです。

                    玉木素子(ハコミ認定セラピスト、NLPマスタープラクティショナー)さん共著
                    『ハコミ8つの「物語」
                      真実と愛のセラピーに出逢えて』を早速読んでいます。
                    hasemasako * 行って来た事 * 01:16 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    命のエステ

                    0

                       最近疲れがたまり。という自覚のないままでした。

                       テニススクールで行っているルネサンスでエステが出来たというので、
                       お試しのエステに行ってきました。

                       気持よかったぁ。ボディータイツという全身を覆うタイツに着替えて
                       施される施術は吸引と指圧が組み合わさったような感覚で、セルライトも
                       取れるそうです。

                       やってもらって感じた事は肌に触れてもらうことが、
                       こんなに気持いいのかという事です。心が癒されていくのです。

                       暫くすると、自分という感覚はどこかへ行ってしまい、
                       地球の裏側へ出かけた様な爽快感。開放され、自由な感覚です。

                       「死ぬほど落ち込む事があったら。」
                       「まずココへ来てから考えよう」

                        そう思いました。

                       それってちっとも贅沢じゃない。
                       命のエステ。
                      hasemasako * 行って来た事 * 00:01 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ