感動で痺れる会社の”社内セミナー”

0
      昨日は新潟県上越市長面にある共栄電工株式会社様の高田工場にて
     ”社内セミナー”でした。


     
     
     会社に入ると玄関前に専務が直立不動でお出迎え。
     
     輝くように磨かれた玄関に、なんと歓迎の看板が!


     
     
     
     ”歓迎 コーチングオフィス幸せ経済研究所 代表 長谷真子様”
     
     
     

     入ると、女性社員の方が、笑顔でお出迎え。
     社長、専務と廊下でご挨拶。名刺を交換し、走るように会場へ。
     
     

     部屋に入ったとたん!
     

     ***拍手の嵐!***

     全員で、立ち上がって笑顔で、割れんばかりの拍手です!
     

     何が起こったのかと。
     
     歓迎されているのは私?
     
     

     怒涛のごとく喜びを感じながら
     
     
     始まりました。

     *******
      

     社長は挨拶で、
      「日頃の皆さんの活躍に感謝する。」
      「今日は皆さんへのプレゼントです。」
      「 楽しんで学び、人生に役立てて欲しい。」


     といった内容の挨拶から始まります。
     「業務に役立てて欲しい」とは言われませんでした。

     
     

     始まると、ちょっと何か言うと大きく受ける。大爆笑。
     本当に真剣に全員がこちらを向いて、受講される。

      
     吸い付くような瞳に。嬉しくて・・。
     あまりの凄さに、感動しまくりでした!
     
     

     最後の一人ひとりの感想も
     テキパキと無駄がない。的を捉えている。笑顔と感謝と拍手が満載。

     
     
     
     
     ******

     そして、会社を後にする時、
     
     
     記念撮影をお願いして、社長と専務と看板と私を写していただきました。

     
     
     

     玄関外には社長と専務がお見送りです。
     
     
     


     車から振り返ると、見えなくなるまで直角に曲がった頭は
     上がりませんでした。


     まるで、雲の上に行ったような、
     大歓迎の嵐の中でさせて頂いたセミナー。

     

     研修ではなかった・・・。


     一人ひとりの心に届いていたら。
     こんなに嬉しい事はないです。


     学ばせて頂いたのはこちの方です。
     ありがとうございました。


    hasemasako * 企業に役立つ話 * 05:25 * comments(0) * - * - -

    伝統と誇りと情熱と。

    0

       録画しておいた眞中シェフの
       NHKの番組「キッチンが走る!」見せて頂きました。
      http://www.nhk.or.jp/kitchen-wagon/archives/index_archives130524.html

       再放送:土曜日 午前10時05分〜(関東甲信越)
       再放送 火曜日 午後 3時15分〜(全国)

       ******


       眞中シェフのコックコート!
       素晴らしい〜!!!

       微妙な色使い。
       繊細なタッチ。
       そして、袖に記された文字。


       ********


       これ、実は眞中シェフからのご依頼で、株式会社アヲタの青田哲さんが
       プロデュースしたものです。


       純白のコックコートはフランス製。
       眞中シェフの大好きな画家さんのデッサンを基に、
       数百色の中から選んだ24色。

       
       これを刺繍の専門家に依頼し、通常では考えられない高い技術を駆使して
       何度もミシンを止め、色を変え、心を込めて表現して頂きました。

       世界でたった一枚。
       シェフの自信と誇りと情熱を表した一着です!

       ******* 

       

       素材を生かす。料理の醍醐味。
       太陽の元、木々の緑の中で作るシェフの笑顔。


       それから一つ気が付いたのです。
       飛騨ほうれん草の緑、あずき菜の緑、えごまの黒、飛騨牛のピンク

       
       あの刺繍には緑があまりなかったと。
       それはお料理に緑がふんだんに入っていて、
       それを生かす為ではなかったか。っと。

       
        生かすということは
       自分が引くという事でもあるのかと。

       
        *****

       
        春の訪れです。
       乗鞍岳の雪解け。

       
        乗鞍に雪がある。
       雪解けのあずき菜。雪解けの春。

       
        春が麓(ふもと)にやってきた。
       景色が料理から伝わってくるって凄いな。
       (飛騨ほうれん草を育てる農家の奥さん)

       
        食べる皆さんが、美味しい!凄い!これを言っていただけるのが
       僕は一番幸せ。(飛騨牛ナンバーワン畜産家)
       明日からの励みになります。

       
        美味しい水とか、美味しい空気で
       こういう美味しい物ができるんだなって。
       飛騨に来て良かったなって思った。(東京から嫁に来たあずき菜をつむ主婦)

       
        土地の豊かさとか
       みなさんの生活というのを最初にお話を伺って見せて頂いたので
       すごく、素材が土地とピタッと合って、
       「なんでこれがあるのか」、「なんで食べ継がれてきたのか。」
       というのが凄くよくわかって、凄く豊かな気持ちになれました。
       (眞中シェフ)

       
        みなさんの、「伝統」と「誇り」と「情熱」。
       これがあって、みなさんが幸せになる。(番組MC杉浦太陽さん)

       
        牛がもたらしてくれる幸せ、故郷(ふるさと)の恵みに感謝し
       食べる事の幸せを噛みしめる人々と出会った飛騨高山の旅でした。

       
         *****

       
        えごまのお婆ちゃんが、目をつぶって「美味しい!」と言った時の
       眞中シェフのお婆ちゃんを見つめる表情が実に嬉しそう。

       
        眞中シェフは
       普通の人に普通に喜んでもらえる食事を作り続けたい。
       って思っていらっしゃるのではないかな。

       
        そんな感じを受けました。

       
       
        素材にどんな思いが込められているのかを、
       素材が、何を訴えようとしているのかを捉えながら
       その声に応えていく。

       
        料理人とはそういうものなのかとも。

       
        眞中シェフは自分が素晴らしい料理を作るとか。
       自分が前面に出るとか。
       全然考えていないように思いました。

       
        ただ、えごまのお婆ちゃんが、人生最高の味に出会ったような。
       「美味しい!」を求め続けているのではないかと。

       
        伝統と誇りと情熱
       素材にも、シェフのあり方にも表れている。

       
        コックコートに秘められていたもの

       
        それは伝統。誇り。情熱?
       愛。喜び。感謝?

       
        眞中シェフに伺ってみたいなと
       思いました。

       
        ありがとうございました。

      hasemasako * 気づいた事 * 11:18 * comments(0) * - * - -

      感動のセミナー

      0
          3月7日(木)18:30〜21:30
         東陽町でセミナーを開きました。
         「自分のやりたい事と経営理念を語りあうセミナー」

         ホンダカーズ中央神奈川の相澤会長もお見えになりましたぁ!
         嬉しかったです。

         参加者の方から、著書「サービスの底力」にサインをされて。
         会長ご自身も嬉しそうにしていらっしゃいました。

         経営者の方が多いかいでしたが、
         コミュニケーションを良くするスーパー傾聴をご体験頂きながら

         参加者の方々の実際の話を中心に
         構成してまいりました。

         守秘義務をつけましたので
         内容は公開できないのが残念です。

         二次会でも、大盛り上がりで、
         何なのでしょう。この感覚は。

         素に戻る。自分自身に戻る。素で居られる。
         そういう場を提供できたのかなぁと思いました。

         童心のように、大騒ぎしながら
         二次会を終え、とっとと帰りました。

         相澤会長をはじめ、参加された皆様。
         参加されようかとお考え頂いた皆様。

         また、何らかの方法で長谷とご縁を頂きました皆様。
         ありがとうございました。

         後日のセッション。お楽しみに。

         次回は5月15日(水)すみだ産業会館。
         錦糸町で、夜からです!

         ご案内は
         http://hase-coach.jp/Popeye%20seminar%20No.47.pdf
         
         お申し込みは
         http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P31137039

         ありがとうございました。
        hasemasako * セミナーの話 * 11:27 * comments(0) * - * - -

        ファッションはカメレオン

        0
            昨日、ヒューマンビーイング主催の
           『自信』と『美貌』講座に行ってきました。

           コンセプトは

           美しさに気づけば
           才能は花をひらく。 

           *********

           前半はベティーさんと仰る、ハンガリーからお越しのブランディングのプロを
           お招きしての講座。日本語が上手な方です。

           印象的だったのは
           カメレオンと一緒という話。

           今日出向く場はどんなだろうか?
           を考えて、シュミレーションする。

           その場にふさわしい、服装やメイクにする。
           その場を演出する時は、どういう場にしたいかを自分で想定して、
           その場に合わせる。カメレオンと一緒よ。

           そこで考えました。
           カメレオンは獲物に気づかれないように姿を周りの環境に合わせる。
           目的があって、行動がある。

           確かに私もしていたことがあります。
           黒のリクルートスーツが街に氾濫。
           なぜ個性を捨てるのだろう。なぜ画一化でないといけないんだろう。

           私は面談に出かけるときに、ヒラヒラとしたワンピースにジャケット。
           それは、出逢う方に明るい気持ちでお目にかかりたいから。
           そして、その場を楽しそうに嬉しそうにしていたいから。

           講座の中で「私が自信を持っている事は・・。」と聞かれても
           自分では出てこない。「字がきれいだと言われました・・。」

           でも、確実に感じる存在感。責任を持って仕事されている雰囲気が
           参加された誰もに感じる事でした。

           後半には浦山孝子さんによるNLPのワークを和やかにしながら、
           だんだん気持ちがほぐれ、最後の承認のシーンになると
           心がどんどん温まってきました。

           終わるころに一人ひとりが話されている姿を見ながら
           いいなぁ。と思うことしきり。

           私にも皆様から、たくさん言葉を頂いて、嬉しい~。

           ★★ 
           いい仕事をしている。女性らしさ。大人な女性。お手本。
           人を認める事がうまい、早い。
           優しい柔らかい笑顔と視点のバランス。

           端的に把握し、色々なものを与えてくれる。
           上司にしたい。
           男の魂が女性の衣を身に着けている。

           調和がとれている。バランスが取れている。
           大地に足がついている。日本のお日様のよう。
           ★★

           いいお土産でした。
           最後に
           私が自信を持てたことは・・。

           「相手の大切にされている事を、ズバッと言う事です!」

           なんて発表してました。
           心に自分という贈り物を頂いたように、嬉しい日となりました。

           カコ(浦山孝子)さん。ベティーさん。
           みなさん。
           
           ありがとうございました。
           

           
          hasemasako * 行って来た事 * 12:02 * comments(0) * - * - -

          自分の生き方に誇りを持て!

          0
             昨日は営業のスペシャリストの方の講演を聞きに行きました。
             素晴らしかったです!

             人に対する想いが半端じゃない。
             自分に対する規律も半端じゃない。

             営業のスペシャリスト
             朝倉千恵子さんの話です。


             小学校の先生をされているとき、
             100点取るまで、何度も何度も教え、

             放課後、生徒を残して教え、
             必要なら自宅まで行って教え、
             何しろ生徒が100点取るまで教え続けた。

             「どうしたら、この子に入るのだろう。」
             そんなことを考えながら。

             仕事も厳しい校長先生の元だったので
             4日分のカリキュラムの内容の提出が義務付けられ

             それを提出するのに必死になり、
             学校に泊まり込む。

             厳しい上司に出会ったから
             今の私がある。

             厳しいと思ったら、辛いと思ったら
             チャンス。

             当時の話。
             ある時、子供が「100点取ったよ〜!」と母親に駆け寄ると
             お母さんは「何度目で100点だったの?」と聞いた。

             しぶしぶ〇回目と言うと。
             「なんや、1回目じゃないのか」と。言った。

             それを聞いた子供は
             先生に涙をためて言いに来た。

             なんでなの?何回目だっていいじゃない。
             100点取ったの、なぜ褒めてやらないの? と、思った。

             そして
             その子のお母さんに話に行かれた。との事でした。

             
             体験談でしたが、
             聞いていて、涙がポロポロ出てきました。


             この人、本当に心の底から、
             子供たちの可能性を見ている。「絶対できる!」を信じている。

             その姿勢に感動したのと、
             私は、何回目?と聞いていたお母さんと同じように
             子供を評価してきた事に気づきました。

             
             帰ってきて、家事をこなして、二階にあがり、ふと思ったのです。


             「自分の生き方に誇りを持て!」


             そんなメッセージではなかったかと。


             痺れました。
             たった2時間で、その人の人生を変える事ができる方。
             だと思います。
             
             
             ありがとうございました。

            hasemasako * 行って来た事 * 10:27 * comments(0) * - * - -
            このページの先頭へ